研究実績  |  RESULTS ACHIEVEMENT

和文総説

    2023
  • 大久保 佳昭, 島田 朗.【解説】欧米と日本における1型糖尿病の診断基準の比較. 糖尿病・内分泌代謝科. 2023;57(4):521-526. (2023.10.28)

  • 2023
  • 及川 洋一, 島田 朗.【話題】埼玉県における1型糖尿病の実態. 糖尿病・内分泌代謝科. 2023;57(4):473-480. (2023.10.28)

  • 2023
  • 及川 洋一, 里村 敦, 島田 朗.【特集・成人1型糖尿病の成因、診断、治療アップデート】Ketosis-prone type 2 diabetesの臨床像とその病態. 糖尿病・内分泌代謝科. 2023;57(4):424-432. (2023.10.28)

  • 2023
  • 及川 洋一. 1型糖尿病によるケトアシドーシス. 月刊 糖尿病ライフ さかえ. 公益社団法人 日本糖尿病協会. 2023;63(8):8-13. (2023.08.15)

  • 2023
  • 及川 洋一.【診療上の課題】 緩徐進行1型糖尿病の管理. 1型糖尿病ー診療と研究の最前線. 別冊 医学のあゆみ. 医歯薬出版株式会社. 2022;281(6):60-63. (2023.03.20)

  • 2023
  • 及川 洋一, 島田 朗. 糖尿病患者が定期的に行ったほうがよい検査. エビデンスに基づく「糖尿病診療」大全. 新薬からトピックスまで. 総合診療. 医学書院. 2023;33(3):293-295. (2023.03.15)

  • 2023
  • 及川 洋一, 島田 朗. 糖尿病患者のシックディ対策. bios. ライフメディコム. 2023;28(1):3-6. (2023.03.01)

  • 2022
  • 里村 敦.【REPORT 子どもたち/AYA世代の糖尿病-活動・実践ダイアリー-】2021年度 第4回YOUNG1型糖尿病患者さんの会活動報告. 2年ぶりの開催! そして初のウェブ開催! 患者さんとのふれあいの大切さを再認識できた1日. 糖尿病プラクティス. 2022;39(6):698-699. (2022.11.12.)

  • 2022
  • 及川 洋一. SGLT2阻害薬使用中の1型糖尿病患者では糖尿病ケトアシドーシスに注意. Medical Practice. 文光堂. 2022;39(11):1739. (2022.11.01)

  • 2022
  • 及川 洋一, 島田 朗. 免疫チェックポイント阻害薬投与により1型糖尿病を発症した患者. 糖尿病ケア+. メディカ出版. 2022;19(6):74-76. (2022.11.1.)

  • 2022
  • 井上 郁夫. 糖尿病の療養指導Q&A 日本人の肥満2型糖尿病患者に対する減量・代謝改善手術に関するコンセンサスステートメント 日本糖尿病治療学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会の合同による「日本人の肥満2型糖尿病患者に対する減量・代謝改善手術に関するコンセンサスステートメント」に基づいて、減量・代謝改善手術のありかたや、適応の注意点について教えてください(Q&A). 糖尿病プラクティス. 2022;39(4):461-462. (2022.07)

  • 2022
  • 及川 洋一. 【Q&A】 高齢の緩徐進行1型糖尿病の治療. Diabetes In The News. メディカルジャーナル社. 2022;6(495):8. (2022.06.10)

  • 2022
  • 税所 芳史, 島田 朗. 【下部尿路機能障害(排尿障害)へのアプローチ】糖尿病と排尿障害. 診断と治療. 2022;110(6):785-789. (2022.06)

  • 2022
  • 及川 洋一. 糖尿病ケトアシドーシス. 糖尿病・内分泌代謝科. 科学評論社. 2022;54(5):515-520. (2022.05.28)

  • 2022
  • 島田 朗.【病態研究】 1型糖尿病における膵島特異的細胞性免疫. 1型糖尿病ー診療と研究の最前線. 医学のあゆみ. 医歯薬出版株式会社. 2022;281(6):707-710. (2022.05.07)

  • 2022
  • 及川 洋一.【診療上の課題】 緩徐進行1型糖尿病の管理. 1型糖尿病ー診療と研究の最前線. 医学のあゆみ. 医歯薬出版株式会社. 2022;281(6):638-641. (2022.05.07)

  • 2022
  • 清水 英祐, 一色 政志. 標準量ナトリウム摂取下での腎機能の保たれた2型糖尿病患者における2週間のダパグリフロジン投与によるナトリウム利尿効果:DAPASALT試験 (OVERSEAS). 糖尿病プラクティス. 2022;39(2):207-210. (2022.03.15)

  • 2022
  • 一色 政志. アルドステロン測定法の標準化 アルドステロンの測定法の標準化に伴って、最近その測定データが系統的な変更がありましたが、これについて、二次性耐糖能異常の原因ともなりうる原発性アルドステロン症の診断への影響も含めて教えてください(Q&A). 糖尿病プラクティス. 2022;39(1):99-101. (2022.01)

  • 2021
  • 一色 政志. 糖尿病の療養指導Q&A 新しい高血圧治療ガイドライン(JSH2019)新しい高血圧治療ガイドライン(JSH2019)が発刊されてから2年以上が経過しました。現時点でガイドラインが実地診療にどのように生かされているか、また、今回のガイドラインの改訂が糖尿病診療に及ぼした変化や、新しいガイドラインをふまえた療養指導のありかたについて教えてください(Q&A). 糖尿病プラクティス. 2021;38(6):733-735. (2021.11)

  • 2021
  • 安田 重光. 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 甲状腺クリーゼ. 日本医事新報. 2021;5090:36-38. (2021.11)

  • 2021
  • 安田 重光. 治療法の再整理とアップデートのために専門家による私の治療 亜急性甲状腺炎. 日本医事新報. 2021;5091:42-43. (2021.11)

  • 2021
  • 及川 洋一, 島田 朗.【糖尿病性腎臓病(DKD)】DKDの治療 インスリン. 腎と透析. 2021;91(4):727-732. (2021.10)

  • 2021
  • 及川 洋一, 島田 朗.【糖尿病診療における臨床検査】糖尿病の病型分類 1型糖尿病. 月刊糖尿病. 2021;13(10):29-36. (2021.10)

  • 2021
  • 一色 政志. 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 クッシング症候群・クッシング病. 日本医事新報. 2021;5085:41-42. (2021.10)

  • 2021
  • 及川 洋一, 島田 朗. 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 1型糖尿病. 日本医事新報. 2021;5086:38. (2021.10)

  • 2021
  • 及川 洋一, 島田 朗.【意外と知られていない!? 自科の常識・他科の非常識】(第9章)糖尿病 1型糖尿病は子どもだけの病気ではない. 内科. 2021;128(3):672-674. (2021.9)

  • 2021
  • 井上 郁夫.【内分泌代謝領域での新たな治療薬・治療法】Adenosine triphosphate-citrate lyase(ACLY)治療 コロナ禍の後の”残された希望”. 糖尿病・内分泌代謝科. 2021;53(3):307-317. (2021.9)

  • 2021
  • 及川 洋一, 島田 朗.【内分泌代謝領域での新たな治療薬・治療法】1型糖尿病に対する免疫介入療法. 糖尿病・内分泌代謝科. 2021;53(3):238-243. (2021.09)

  • 2021
  • 一色 政志.【治療法の再整理とアップデートのために】専門家による私の治療. クッシング症候群.  日本医事新報. 2021;5071:38-39. (2021.07)

  • 2021
  • 及川 洋一, 島田 朗. 糖尿病の療養指導 Q&A ゴリムマブの1型糖尿病への治療効果 Tumor necrosis factor α(TNFα)に対するモノクローナル抗体製剤であるゴリムマブは、関節リウマチや潰瘍性大腸炎の治療薬としてすでに用いられていますが、その1型糖尿病への治療効果について教えてください. 糖尿病プラクティス. 2021;38(4):489-491. (2021.07)

  • 2021
  • 島田 朗.【第25回 日本糖尿病眼学会総会 特別講演Ⅰ(内科)】合併症を考慮した糖尿病診療とは. あたらしい眼科. 2021;38(6):671-675. (2021.06.30)

ACCESSご案内

埼玉医科大学

埼玉医科大学病院

〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
TEL: 049-276-1111(代)
FAX: 049-294-9752

お車をご利用される方
鶴ヶ島インターから約10km(約20~30分)
詳しくはこちら

電車・バスをご利用される方
池袋駅より東毛呂駅まで約1時間
東毛呂駅からバス(約5分)もしくは徒歩(約20分)
詳しくはこちら

本フォームは医療従事者専用となっております。ご病状やお薬、検査、予約など診療に関する患者さんからのご相談は、法律上、一切お受けすることができません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。